犬の“しつけ”東京


犬の“しつけ”の目的は、犬が人間社会で快適生活していく為のルール

を教える事です。

しかし、“しつけ”のルールは人が決める事ですので、人にとって迷惑な

行動も、犬にとってはきちんとした理由が有ります。吠える、噛む、

リードを引っ張る、拾い食いをする、音に対し恐怖心を持つ。

など、犬が何を考え、どんな気持ちで、なぜそういう行動をとるのかを

飼い主が理解する事が大切です。犬の気持ちを考えながら“しつけ”を

行えば、より良い信頼関係を築く事が出来るでしょう。


犬のしつけ 神奈川

☆一貫性を持ってルールを決める

群れで生活する本能を持っている犬は、信頼出来るリーダーだと

安心して生活が出来ます。

良い事をした時は愛情たっぷり褒め、悪い事ははっきり叱って

分からせる事が大事。

また、同じ事をしているのに叱られたり叱られなかったりすると、

犬は混乱し不信感を持ちます。

常に一貫性を持って接する事を心がけましょう。

犬のしつけ 大阪

☆号令は統一する

飼い主の気分で「いけない」と言ったり「だめ」と言ったりすると愛犬は

混乱します。

号令は統一して、家族全員で同じ言葉を使うようにしましょう。

☆出来るだけ褒めて育てる ☆出来るだけ褒めて育てる


悪い事を「いけない」と注意するのは当前の事ですが、基本は褒めて

育てる事です。失敗する環境を作らない事も大切です。「いけない」を

教えるより、「何をしたら褒められる」を教えられる飼い主は、愛犬の

信頼を勝ち取れます。

少しでも良い行動をしたら褒めてあげましょう。

犬のしつけ 教室

☆良いリーダーとは?

愛犬と一緒に寝ない事。

犬が入ってはいけない場所を作る事は大切な“しつけ”です。

犬に管理されている事を「自覚」させましょう。


☆愛犬のわがままを許さない人。

「行動の決定権」は、全てリーダーに有ります。わがままを許す人は

リーダーになれません。

散歩に行く時間やコース、食事の時間など飼い主の行動が基本に

なります。

犬にとって飼い主に合わせる事が、とても幸せな事だと思っていると

理解しましょう。

リーダーを必要とする犬に、リーダーのいない家族は、犬にとって、

とても不快な環境なのです。

服従心や集中力を養う為に、「おすわり」や「まて」を“しつけ”ましょう。

ただ、単に芸を教える事では有りませんのでしっかり“しつけ”て

下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。